鏡を見るたび、「なんだか髪の毛に元気がなくなってきた」と思うなら、それはタンパク質の不足かもしれません。

ダイエットや偏った食事による栄養不足は、カラダの不調だけではなく、髪の毛の健康さえも損なってしまいます。

薄毛ケアとして、育毛剤や専用シャンプーなどを使用してもなかなか効果が出ないと感じている人は、タンパク質不足を疑っても良いでしょう。

タンパク質という栄養素はそれだけ、毛髪にとって大切な存在です。

髪の毛を構築するケラチン

太く、黒く、濃い健康的な髪の毛の一本一本のほとんどは、ケラチンというタンパク質から出来ていてます。

99%以上がケラチンと言われています。

このケラチンはタンパク質の一種ですが、タンパク質というと筋肉を作るものというイメージがあります。

でも、筋肉だけではありません。

私たち人間のカラダに重要なほとんどのもの、皮膚、爪、細胞、臓器、血液、そして髪の毛と、タンパク質は健康的なカラダや外見を作るためには欠かせない栄養素です。

しっかりとした髪の毛を作るために必要なケラチンは、毎日良質なたんぱく質を摂ることで毛髪に行き渡っていきます。

育毛剤だけではダメ!

薄毛ケアのひとつとして、多くの人が取り入れる育毛剤や専用シャンプー。

これらを使用しても「なかなか効果が出ない」という人も多いのでは?

産毛のような細くて短い毛はなんとなく生えてきたけれど、あの頃のような太く濃い毛にはとうてい及ばないという人はタンパク質不足を疑ってみましょう。

育毛剤や専用シャンプーの多くは、血液の巡りを良くしてその血流を頭皮まで行き渡らせるという作用で薄毛の改善を目指します。

ところが、せっかく頭皮まで到達した血流に髪の毛を作り出すケラチンが不足していては意味がありません。

育毛剤などの効果を得て、薄毛改善を目指すのならタンパク質を必要量以上に摂取して毛髪まで補給させてあげましょう!

毛髪に必要なタンパク質の量って?

タンパク質は筋肉や細胞、臓器を健康的に保ったり、作り上げたりするのに重要な栄養素で、それらは健康に生きていくうえで欠かせないものです。

そのため、体重1㎏に対して必要なタンパク質は1gが理想とされています。

もしも体重が58㎏ならば、58gのタンパク質が必要という計算になります。

例えば、鶏ささみ100gでおよそ25gのタンパク質を含みます。

ささみ2本食べれば50gが摂取できます。

ただ、髪の毛までしっかりタンパク質を行き渡らせるためには、一日の必要量より少々多く摂った方が良いでしょう。

カラダに必要な一日の摂取量より少し超えて摂取するために、チーズやヨーグルトなどをおやつに摂ってみてはいかがでしょうか?

薄毛解消!タンパク質を効率よく摂取する

髪の毛を構築するケラチンを自分の毛髪に行き渡らせるために、日々タンパク質を摂ることが重要ですが、それだけではちょっと心細い。

タンパク質は体内に入ると、一度アミノ酸に分解され、その後またタンパク質へと構築されてそれぞれの臓器や細胞、筋肉、毛髪などに振り分けられ吸収されます。

この働きを活発にし、分解、吸収をしっかりさせるためには、タンパク質の他にも数種類の栄養素が必要になります。

ビタミンB群

タンパク質の分解をサポートをし、疲労回復にも効果があるため健康的なカラダで発毛を促進!

ビタミンC

タンパク質の再構築を強力にサポート!また、皮脂の過剰分泌も抑える作用があるので、発毛の邪魔をする皮脂詰まりの改善にも効果的!

ビタミンE

抗酸化作用の高い栄養素。血行促進効果も高く頭皮へしっかり血液が流れるようサポート!

ミネラル

食事などから摂取するほとんどの栄養素の吸収を高めてくれます。

亜鉛

毛髪に必要不可欠のケラチンの生成をサポートしますので、薄毛ケアには必須栄養素です!

ケラチン摂取に有効な食材

ケラチンは18種類のアミノ酸からなるタンパク質です。

そのうちの主要アミノ酸5つが、毛髪構築の50%を占めていますのでそれらを食材などから積極的に摂取していきましょう。

シスチン

これは、毛髪を作る成分の中でも最も多くを占めます。

そのため不足すると細毛、薄毛へとつながりハゲやすくなります。

マカロニやパスタ、そば、そうめん、ビーフンなどの麺類に多く含まれます。

また、玄米や白米、フランスパン、食パンにも含まれます。

炭水化物抜きダイエットをしている人は、注意が必要です。

薄毛予防のためにも毎日適度に食べましょう。

グルタミン酸

こちらもまた、毛髪を作る成分の中で多くを占めます。

昆布やはまぐり、大豆製品、落花生などに多く含まれます。

料理は昆布で出汁をとったり、ビールのおともに落花生などにして元気な毛髪を目指しましょう。

ロイシン

筋肉の構築に重要な栄養素です。

筋肉の衰えは血行不良の大きな原因。

薄毛要因のひとつである血行不良を防ぐためにも大事な栄養素です。

神経質にならなくても、健康的な食事さえしていれば不足することはありませんので、偏った食事の人は、改善しましょう。

アルギニン酸

毛髪の構築と血管拡張作用があるため、薄毛ケアには欠かせない栄養素です。

体内で合成できるものですが、その量には限りがありますので、意識的に摂取することも大切です。

アスパラやのりなどに多く含まれます。ドリンクなどで摂ることもできます。

セリン

ストレス穏和効果や保湿効果があるので、ストレスによる血行不良や毛髪、頭皮の乾燥を防ぐためにも必要です。

ゼラチンや鰹節、大豆製品などに多くふくまれますので、日々摂取しやすい栄養素でもあります。

タンパク質は動物性でも食物性でも良い

タンパク質摂取となると、気になるのが「動物性?植物性?」ということではないでしょうか。

これは、薄毛のケアに関してはどちらも同じです。どちらが劣るということはありません。

ただ、健康やダイエットのことを考えながら摂取するなら、動物性より植物性の方が良いでしょう。

動物性たんぱく質は、カロリーの高さや脂質が気になります。

一方植物性は、味噌や納豆などの発酵製品から摂ることができますので、安心です。

どちらがいい!というよりは、どちらもバランス良く摂取すると良いでしょう。

まとめ

健康的な毛髪を目指すのであれば、健康的な食事も必要ということです。

髪の毛だけでなく、筋肉や細胞、血液の健康も考え食事をとればカラダも髪もイキイキとしてくることでしょう。