「父の背中を見て育つ」とよく言いますが、気になるのは背中ではなく頭皮であったりするのでは?

父親の頭皮を見るたび、自分もいつかこんな風にと心配になるものです。

また、「ハゲは遺伝だ」という言葉が、常識にもなっているからやはり父の頭皮が気になります。

でも、実はハゲの遺伝子は父からのもではなく母からのもだと言われています。

ハゲているわけでもない母の遺伝子でなぜハゲは進行してしまうのでしょうか。

ここではそんな薄毛と遺伝子の関係について解説していきます。

XYの遺伝子とXXの遺伝子の関係

男性の精子に含まれる染色体はXとYの2種類です。

染色体とは、DNAで構築されるもので、これが遺伝の役割を担い親から子へ様々なものを伝え残します。

そして女性の卵子にはXのみの染色体があります。

つまり父親がXY染色体、母親がXX染色体を持っているということです。

そして、男の子には父親のY染色体と、母親のX染色体が、女の子には、父親のX染色体と、母親のX染色体が受け継がれます。

そこで気になる「薄毛遺伝子」ですが、これは父親のX染色体でも、Y染色体でもなく、母親のX染色体に含まれています。

薄毛遺伝子とはもちろん通称で、本来はデンセイホルモン受容遺伝子と言います。

母親はハゲていないのになぜ!?

加齢により、髪の毛が少々薄くなることがあるにしろ、女性のMハゲやカッパハゲなど見たことがありません。

それなのに、薄毛遺伝子はなぜ女性である母親から遺伝すると言えるのでしょうか。

女性である母親はハゲないホルモンを持っているから、薄毛遺伝子の作用を受けていません。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、毛髪の脱毛を抑制する働きがあるため、女性は薄毛遺伝子であるデンセイホルモン受容遺伝子を持っていても男性のようなハゲ方をすることはありません。

そのため、母から薄毛遺伝子をもらったのではなく、薄い毛髪の父からもらってしまったのだと多くの人が勘違いしてきました。

母から薄毛遺伝子をもらった息子は、もちろん脱毛抑制作用のあるエストロゲンの分泌はされませんので、薄毛遺伝子の作用だけが働きハゲやすくなってしまいます。

この先自分がハゲるかハゲないか判断するには、父親よりも母方の祖父母の頭皮を見てみると良いでしょう。

ハゲ遺伝子ではなくハゲやすい体質を受け継ぐ

男性がハゲてしまう一番の原因は、男性ホルモンであるテストステロが変化したジヒドロテストステロンです。

これは、毛母細胞の働きを妨げ、健康的な発毛の邪魔をしてしまいます。

そして、細毛、薄毛、ハゲへとつながっていきます。

そのため、ジヒドロテストステロンは多く分泌しないに越したことはありませんが、5α-リダクターゼという還元酵素の働き次第で多く分泌されるか少なく分泌されるかが変わってきます。

そして、この5α-リダクターゼの働きが活発であるかないかが遺伝します。

遺伝によって、5α-リダクターゼの働きが活発な人は、その分テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する働きも活発になってしまうので細毛や薄毛、ハゲになりやすくなります。

ハゲの遺伝というのは、5α-リダクターゼの働き方の遺伝ということになり、ハゲ遺伝子を受け継ぐというよりは、ハゲやすい体質を受け継ぐということです。

日本人男性の4人に1人が薄毛!

薄毛やハゲを実感してしまうと、「なぜ自分だけが?」と、思いがちですが、薄毛やハゲで悩む日本人男性は4人に1人です。

また、「遺伝によるハゲやすい体質」という人は、日本人男性の75%とも言われています。

75%もの男性が遺伝性によりハゲやすいと言われている中、それらに悩む人は4人に1人しかいないということは遺伝性のものであっても防ぐことができると考えられます。

シャンプーや育毛剤でのケアももちろん大事です。サプリメントを飲む人もいるでしょう。

ただ、ハゲの根っこは深いものです。 それらのケアと同時に食事などでもケアして様々な角度からハゲの進行を遅らせ、活発な発毛を目指しましょう。

納豆で薄毛、ハゲを抑制!

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、ジヒドロテストステロンの生成を増やしてしまう、5α-リダクターゼの働きを抑える作用があります。

ハゲの大きな原因であるジヒドロテストステロンを増やさないためにも毎日1パックの納豆を食べてみましょう。

酒のつまみで亜鉛を摂取!

亜鉛もまた、5α-リダクターゼの働きを抑制してくれます。

お酒の席では、亜鉛を多く含んだ食材をおつまみにする様に心がけてみましょう。

エビや牡蠣、チーズ、レバーなどに多く含まれます。

ただただ揚げ物などのジャンクフードをおつまみにしてしまえば皮脂の過剰分泌を起こして薄毛、ハゲの原因となりますが、意識して亜鉛を摂取するようにすれが、お酒を飲みながらハゲ予防ができます。

トウガラシで毛髪に栄養を!

赤唐辛子などに多く含まれるカプサイシンは、血管をひろげ血流をよくしてくれる作用があります。

毛髪に必要な栄養や酸素は血液に乗って、運ばれていきます。

その重要な血流を良くするためにも、カプサイシンで血行促進をしてみましょう。

タバコがハゲを加速させる

遺伝によるハゲは、ハゲの因子をもらうのではなく、ハゲやすい体質を受け継いでしまうものです。

そのため、発毛にとって良くないおこないをすれば、そのハゲはすぐに加速します。

中でもタバコは、たった1本吸っただけでも血管を縮ませ血流を滞らせます。

血流の良さは発毛にとって欠かせないものです。

そんな血流をいとも簡単に滞らせてしまうタバコは、遺伝によるハゲ体質の人にとっては大敵です。

少しでも、薄毛、ハゲの進行を食い止めたいのであれば禁煙することをおすすめします。

まとめ

遺伝性のハゲとは、ハゲる毛質を受け継ぐのではなくハゲやすい体質を受け継ぐということです。

そのため、ハゲる要因をひとつひとつ改善していけば、ハゲを防いだり、遅らせることができます。

まずは、健康的な生活や食事を心がけ、毛母細胞の働きをサポートしてあげましょう!