毎日鏡を見るたび「そろそろヤバい」と、髪をかきわけ透けて見える頭皮範囲をチェックしてはいませんか?

自分もそろそろかと覚悟したりして。

薄毛は遺伝と、よく聞きますがそれだけではありません。

親が薄毛なら自分もまた薄毛と悩む人がいる一方で、親が大丈夫だから自分も大丈夫と安心している人もいるでしょう。

でも、薄毛は遺伝だけが原因ではありません。

今フサフサの人も、いつ薄毛になるかはわかりません。

そんな薄毛の原因を対策方法と合わせてご紹介します。

血行不良で薄毛に!?

薄毛には、大きくわけて二つの種類があります。

おでこのあたりかたらMの字に無くなっていくM型と、頭頂部から薄毛が広がっていくO型。

血行不良による薄毛は、O型の薄毛が多いと言われています。

髪の毛には、常に栄養や酸素が運ばれその太さや黒さを保ちます。

この栄養や酸素は、血液の流れに乗って髪の毛の毛母細胞へと供給されます。

そのため、血液の流れが悪くなると大事な栄養や酸素が頭皮まで行き渡らず、毛母細胞は栄養不足となり髪の毛は痩せてしまいます。

また、発毛する活力も失ってしまうので、薄毛へとつながってしまいます。

この血行不良による薄毛の予防は、血行促進が何よりです。

男性であっても冷え対策は鉄則!

冷えは女性だけのものと思っていませんか?

男性は女性に比べて体温の高い人が多いですが、それでも冷えに悩んでいる人も多いと言われています。

冷えは血行不良の大きな原因です。

薄毛を防ぐためには、毎日の冷たい飲み物は少々控え、足元は温めるように心がけ、血行促進を意識しましょう。

最近は、男性用の温か靴下なども多く販売されていますから、密かに履いておくのも良いでしょう。

適度な運動は必須!

運動不足では、筋肉が衰え全身への血液の巡りが悪くなってしまいます。

ウォーキングやジョギング、軽い筋トレをなどをしてしっかり筋肉を鍛えましょう。

カラダの中でも最も大きな筋肉である太ももの筋肉や、血液を流すためポンプの役割をするふくらはぎの筋肉などを鍛えると効果的です。

十分な睡眠が重要!

仕事や付き合いなどで、なにかと忙しい日々であっても十分な睡眠をとることは大切です。

睡眠不足は自律神経のバランスを乱し血行不良へとつながってしまいます。

今ある髪の毛を大切に保つためにも、夜はしっかり睡眠をとりましょう。

ホルモンバランスの乱れは薄毛へ直結!

男性は、ホルモンバランスを日々感じながら過ごしている人は少ないでしょう。

ただ、薄毛やハゲの観点から見た時、このホルモンバランスはとても重要になってきます。

ジヒドロテストステロンが薄毛をまねく

男性ホルモンであるテストステロンは、男性が男性であるためにはとても重要なホルモンです。

このテストステロンの分泌があるからこそ、男らしいたたくましいカラダを作ったり女性を引き付ける魅力をかもし出すことができます。

また、体毛を濃くするのも、このテストステロンの働きによるものです。

ところが、頭髪に関しては違って、テストステロンが毛母細胞でジヒドロテストステロンに変化し、このジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを妨げ薄毛へとつなげてしまいます。

また、加齢やストレス、疲労などによってテストステロンの分泌が減少してしまった時に、ジヒドロテストステロンが多く分泌され薄毛の原因となることもあります。

アンドロゲンが毛穴を詰まらせる

男性ホルモンのひとつに、アンドロゲンというものがあります。

これは、男性ならもともと分泌されるホルモンですが、バランスの悪い食事や不規則な生活が続くと過剰に分泌されてしまいます。

アンドロゲンは皮脂を分泌させる働きがあるため、過剰に分泌してしまうと皮脂もまた多く分泌してしまいます。

そのため、頭皮の毛穴は、皮脂汚れで塞がれてしまい、毛髪の妨げとなり薄毛につながってしまいます。

ホルモンバランスを整えることが重要!

薄毛をまねくジヒドロテストステロンとアンドロゲンは、適度に分泌されている分には、問題ありません。

分泌されているからこそ、男性の外見や健康を保つことができます。

ただ過剰に分泌してしまったり、分泌量が減ってしまうことで薄毛の原因となってしまいます。

日頃から、規則正しい生活を心がけ疲労を溜めすぎないことでホルモンバランスを保つことができ薄毛予防になっていきます。

ストレスによる薄毛に注意!

両親、親戚、誰も薄毛に悩んできた人はいないから自分は大丈夫と安心していたのに、日に日に薄くなる髪の毛に焦り出すという人も少なくありません。

薄毛は過度なストレスも原因となりますので、親兄弟、親戚の毛髪状態は関係ありません。

ストレスが溜まってしまうことで、人は自律神経のバランスを乱し様々な不調をまねいてしまいます。

その中には、上記にあるようなホルモンバランスの乱れ、血行不良がありますので、ストレスは薄毛の原因がダブルでやってくるということです。

健康な毛髪のためにも、自分を癒し健やかな精神状態を保つことが大切です。

遺伝による薄毛もケア次第

薄毛の原因といえば、一番に思い浮かぶのが遺伝ではないでしょうか。

父が薄毛なら、息子の自分もという不安を抱えながら生きてきたという人も少なくないでしょう。

確かに薄毛は遺伝的要素が大きいと言われています。

ただ、遺伝による薄毛も日頃の頭皮ケアや健康的な生活を意識することで、防いだり遅らせたりすることができますので、あきらめずに自分にあった頭皮ケアや運動、バランスの良い食事などを心がけましょう。

まとめ

薄毛に悩む男性は多いものです。

早い人では20代前半で気になり出してしまう人もいます。

少しでも、「あれ?もしかして?」と感じた時は見過ごさずにしっかりケアをして毛髪を守りましょう。