そろそろ自分もお世話になるかもしれない育毛剤。

鏡を見て毛髪の量に不安をおぼえたら、育毛剤の存在が気になり出します。

自分の毛髪や頭皮にどう働いてくれるのでしょうか。

本当に効果があるのでしょうか。気になるものです。

近年、多くの育毛剤が販売されるようになり、薄毛に悩む男性は選択肢が増え色々試す人も多いでしょう。

そんな風に、育毛剤を短いスパンであれやこれや変える前にメリットやデメリットを知っておくと、育毛剤の選び方や使用スパンも変わります。

ただし、育毛剤はAGAへの人へはほとんど効果がないので注意してください。

育毛剤の3つの働き

様々なメーカーから販売される育毛剤の種類は多く、各製品によってどの様な働なきをするかは変わってきます。

育毛剤の定番、血行促進作用

濃くて太い健康的な毛髪に欠かせない栄養素は、血液によって運ばれ毛髪へと供給されます。

そのため、血行不良が何よりの薄毛の原因と考えられてきました。

そこで、育毛剤の多くは頭皮への血行を促し、毛髪へしっかり栄養が行き渡るように働かせ、細毛や抜け毛を防ぎます。

薄毛ケアに必須の毛穴洗浄作用

男性の頭皮は、女性に比べ皮脂の分泌量が多いため、毛穴に皮脂が詰まり発毛の邪魔をします。

そのため、頭皮の毛穴詰まりを改善し発毛を促すという働きはやはり薄毛ケアには欠かせません。

余分な皮脂を取り、皮脂の分泌をおさえる効果のある育毛剤は人気も高いです。

最先端!細胞分裂作用

細胞分裂と聞くと育毛剤もとうとうここまで来たかと思います。

これは、毛を育てる毛母細胞を分裂させ、その数を増やし毛を生み出す機能そのものを増やしてしまおうというものです。

今ある毛髪の健康や正常な毛穴を目指して「元気な毛髪を」というよりは、毛自体増やす作用は薄毛の人にとっては、期待が膨らむ作用です。

まずは、育毛剤の3つの働きと、自分の薄毛の原因を把握すれば最適な育毛剤に出会えるはずです。

育毛剤のメリット

抜け毛が多く薄毛が気になり出しら、「まずは育毛剤の使用」というのは自然な流れです。

この育毛剤を使うメリットとはなんなのでしょうか。

頭皮ケアの習慣がつく

育毛剤の多くは、マッサージしながら使用するものになります。

そのため、育毛剤を頭皮に与えながら自分でマッサージをするという行為が日々当たり前になり、育毛剤とマッサージによる血行促進ができるようになります。

血行が良くなれば、頭皮には毛髪に必要な栄養が十分に行き渡るようになるので、「抜けない、痩せない、元気な毛」を目指すことができます。

清潔な頭皮を保てる

今その頭皮で起きている抜け毛や細毛が気になるからこそ使う育毛剤は、やはり効果を信じて毎日こまめに使用します。

育毛剤は必ず、洗髪後などの清潔な頭皮に使用するので育毛剤を使うがために必ず洗髪するという人も多いでしょう。

その習慣が、脂っこくなりがちな頭皮を清潔に保ち毛髪にとって良い環境を整えることができます。

臭いケアもできる

歳とともに、気になってくるのが頭の匂い。

皮脂が多く分泌されると、その皮脂が酸化して臭いを放つこともありますから、べたつく頭皮と臭いはセットのようなものです。

育毛剤を使って、血行促進ケアと皮脂ケアができればベタつく頭皮も健康的に、そして爽やかになっていきますから自然と臭いも軽減されていきます。

育毛剤は薄毛、ハゲの予防改善はもちろんのこと、気になる臭いやベタつきもケアできるので使用するメリットは大きいです。

育毛剤のデメリット

薄毛を感じたら、すぐにでも頼りたい育毛剤ですがデメリットもあります。

効果を実感するまでに時間がかかる

育毛剤を使用しても、1週間や2週間ですぐに効果が出るということはありません

なぜなら、発毛には周期があるからです。

発毛周期には、成長期、退行期、休止期があります。

中でも、気になる休止期。成長期にぐんぐん伸びた毛(正常なら)が、退行期でその成長する力が弱まり、休止期で発毛が完全にストップします。

この休止期は3ヶ月間ほどです。

この時期は、毛が成長することがないので育毛剤を与えても特に変化はおこりません。

すると多くの人は、「効果がない」「全く変わらない」と勘違いして、その育毛剤をやめ、さらなるものを求めて育毛剤難民になってしまう事もあります。

育毛剤の効果は、発毛サイクルからすると効果が出るまでに時間がかかってしまうのは自然のことです。

肌に合わない可能性もある

育毛剤は、頭皮に直接塗布するものがほとんどです。

そのため、肌の弱い人や、たまたま使った育毛剤が肌に合わなかった場合などは、頭皮が荒れ赤みや痒み、フケなどの原因になり頭皮環境を逆に悪くしてしまう事もあります。

もともと敏感肌の人や、なんらかの原因で肌が弱っているという場合は注意が必要です。

育毛剤の効果を得るためには、少々気長にかまえる必要があります。

また、自分に合うものに出会えるかということも重要になってきます。

じっくり考えて選ぶ事が重要

育毛剤はどれも魅力的な広告で、「これなら効くのでは?!」と思ってしまうものです。

ただ、これだけ多くの育毛剤が溢れる中で、質の悪い育毛剤を手にしてしまう事だってあります。

そうならないためにも、育毛剤の開発経緯を知ったり、信頼できるメーカーのものであるか、危険な成分は配合されていないかなど、よく確かめてから購入すると良いでしょう。

また、自分の肌質などもしっかり考慮して決めることで育毛剤によるトラブルも避けることができます。

まとめ

薄毛に悩む男性にとって心強い育毛剤でも、メリット、デメリットがありますので両方をしっかり見極めて使用すると良いでしょう。

発毛周期なども知って、効果が出るまでには時間がかかるものだと理解しておけば、途中でやめて、せっかくの薄毛ケアを断念するということもなくなります。

また、いくら育毛剤を使ってもAGAになっていると、ほとんどの場合は効果がないので、その場合はしっかりとAGAの専門のクリニックに行きましょう。