濃い色の服を着た時、肩や背中に目立ってしまうフケ。

どんなに気を使っても、そのフケで一気に清潔感がなくなってしまいます。

ある医薬品メーカーが20代女性を対象におこなったアンケートでは、「男性の後ろ姿で嫌われる原因」の1位が「フケ」という結果が出たそうです。

肩に降り注ぐその白いフケは、そんなにも印象を悪くしてしまうものでもあります。

そんなフケが出てしまう原因や対策を知って、清潔感を取り戻しましょう。

フケがでるのななぜ?

フケと聞くと、不潔にしているからと思ってしまいますが、そういう問題でもありません。

フケは、間違ったシャンプーやブラッシングなどでも出てしまうものでもあります。

洗いすぎがフケを出す

男性は、女性よりも頭皮の毛穴から出る皮脂量が多いです。

その皮脂で毛髪のぺっとり感を出したくないし、皮脂が毛穴に詰まって発毛の妨げになるのも防ぎたい。

そんな気持ちから、ついシャンプーをし過ぎたり、洗う時には頭皮をゴシゴシ擦ったりしてしまいます。

でも、それがフケを出す大きな原因です。

必要以上の洗髪や擦り過ぎは、頭皮のバリア機能を壊しひどい乾燥をまねきます。

乾燥した頭皮は、カサカサになりフケが出てしまいます。

また、頭皮を守るために必要な皮脂まで奪ってしまい、様々な刺激を受け皮膚が荒れてフケを出しやすくしてしまうこともあります。

毎日の強いブラッシングも、頭皮を傷つけフケへとつながることがありますので注意が必要です。

周期の早すぎるターンオーバーがフケを出す

よく肌のターンオーバーという言葉を聞きます。

これは、肌を守る角質細胞が古くなっては剥がれ落ち、また新しい角質細胞で覆われるという作業を繰り返すことですが、皮膚の一部である頭皮にもこのターンオーバーは働きます。

ところが、皮脂分泌の多い男性にはこの皮脂を好むマラセチア属の菌が多く繁殖し、頭皮の皮脂を食べては脂肪酸に分解されてしまいます。

そしてこの脂肪酸が頭皮を刺激するようになり、ターンオーバーのスピードを急激に早めてしまいます。

正常なターンオーバーならば、剥がれ落ちた古い角質はほとんど目に見えることのない大きさで気になることはありません。

ですが、早いスパンで次から次へとターンオーバーを繰り返してしまうと、その剥がれ落ちた角質細胞は大きく「フケ」となってしまうわけです。

女性より男性のほうがフケが出てしまう事が多いのは、頭皮の皮脂分泌が女性より多いからです。

フケは薄毛の危険信号?

大量に分泌してしまう皮脂があるからこそ、フケが出てしまうわですが、フケが出るほどの皮脂分泌量では頭皮の毛穴を詰まらせ発毛の妨げとなってしまいます。

そのため、フケを確認したらフケケアと同時に薄毛ケアも意識した方が良いでしょう。

また、乾燥によるフケを確認したのならそれもまた注意が必要です。

皮膚は乾燥すると、自ら皮脂を出し皮膚を守ろうとするので、それが皮脂の過剰分泌につながり毛穴を塞ぐことがあります。

フケは、乾燥によるものであっても、皮脂によるものであっても必ず改善していかなければ薄毛、ハゲへとつながります。

シャンプーから改善

薄毛の原因である皮脂を必死に取り除こうとして、つい力が入ってしまうシャンプーが実はフケや薄毛をまねきます。

シャンプーは頭皮をいたわりながら、優しくおこなってください。

力任せにするのではなく、時間をかけて丁寧におこなうと良いでしょう。

爪を立てるのではなく指の腹を使って、頭皮をマッサージするようにしましょう。

皮脂の分泌が多い頭頂部や額周辺はしっかりと。(この時もゴシゴシ擦ってはいけません、必ず指の腹で)

毛穴に石鹸カスが詰まらないように、すすぎは十分におこないましょう。

コンディショナーはなるべく頭皮には付けず、毛髪だけに付ける様にしてしっかりすすいでください。

ドライヤーは、頭皮に近づけすぎない様にしましょう。頭皮の乾燥が悪化してしまいます。

シャンプーを気を付けるとなると、少々面倒で時間もかかってしまいますが、薄毛を防ぐためにはしっかり実践してフケケアから始めてください。

生活習慣から改善して頭皮の皮脂ケアを

生活習慣の乱れは、皮脂の過剰分泌をまねきフケや薄毛の原因となります。

不潔な印象を拭い、その先の薄毛を防ぐためにも気を付けたいポイントです。

脂質の多い食事は控える。皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

〇野菜や果物で、皮脂の分泌を抑えるビタミンCを摂取しましょう。

〇体内の水分を蒸発させたり、血行不良をまねくアルコールも控えましょう。皮膚のターンオーバーも乱してしまいますからほどほどに。

〇十分な睡眠をとって、肌細胞などの修復が十分にできるように心がけましょう。睡眠中に成長ホルモンが分泌されカラダや皮膚を正常に保ちます。

フケの原因を改善していくには、外からのケアだけでは難しいものです。

健康面も整えていくことで、健康的な頭皮も作られていきます。

まとめ

フケは他人への印象を悪く変えてしまうものでもありますが、何より自分が一番不快です。

不潔な印象を付け、薄毛の原因ともなるフケなどしっかりケアして改善していきましょう。