薄毛、ハゲをなんとかしたい、また、将来のハゲを食い止めたいと思うならば、亜鉛の摂取が欠かせません。

育毛剤や育毛シャンプーでのケアももちろん大切ですが、毛髪に必要な栄養素を摂取して、カラダの中からケアしていかなければ薄毛の浸食に打ち勝つことはできません。

薄毛にはタンパク質や海藻類がいいんじゃないの?と思う人も多いでしょう。

でも、それらの栄養素と同時に必ず摂取したいのが亜鉛です。

薄毛やハゲになぜ亜鉛が必要なのか、亜鉛の働きなどと合わせてご紹介します。

亜鉛って?

亜鉛は、人のカラダに欠かすことのできないタンパク質の合成や骨の生成などに深く関わる必須ミネラルの中のひとつです。

人が健康に生きるために欠かせない体内での様々な働きを正常におこなうための、100種類以上もの酵素に亜鉛は関わります

亜鉛はもともと体内に存在するもので、特に肝臓、腎臓、歯、筋肉に多く含まれますが、毛髪にも存在しその働きを発揮するものです。

ところが、体内で亜鉛が合成される事はなく、それでいて様々な原因で消費されてしまいます。

そのため、食事などから安定的に摂取する必要があります。

亜鉛が消費される原因

1、ストレスや疲労を感じた時

2、偏った食事による栄養不足

3、アルコールの分解にも使われてしまう

4、激しい運動による筋肉疲労

5、射精するたび同時に排出されてしまう

 

また、亜鉛は摂取しても食物繊維と一緒に摂ってしまうと、食物繊維が亜鉛を巻き込み一緒に体外へ排出させてしまうので、亜鉛を摂取する時は食物繊維を含む食材は控えましょう。

加齢により、徐々に減少してしまうものでもあるので、薄毛が気になり出す年齢であれば、やはり積極的な摂取が必要です。

薄毛に亜鉛が必要な理由

タンパク質などの毛髪に良いとされる栄養素と一緒に摂りたい亜鉛は、毛髪にとってどの様な働きをしてくれるのでしょうか。

髪1本1本を作る亜鉛

毛髪の主成分はケラチンです。99%以上と言われいます。

このケラチンは、タンパク質の一種で、食事などから摂取したタンパク質は毛髪などに吸収されていくわけですが、単にそのまま吸収されるわけではありません。

タンパク質は、体内に入ると一度アミノ酸に分解され、その後ケラチンに再構築され毛髪に吸収されていきます。

この再構築の際なくてはならない栄養素が亜鉛です。 

亜鉛があればこそタンパク質は、髪の主成分であるケラチンになり吸収されていくことができるわけです

タンパク質だけを大量に摂ったところで、亜鉛がなけらば元気な毛髪になっていく事はないということです。

ハゲの原因を抑制する亜鉛

薄毛、ハゲの多くの原因はテストステロンという男性ホルモンが、毛母細胞の働きを抑制するジヒドロテストステロンに変化してしまうことです。

テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまうのが、5α-リダクターゼという還元酵素ですが、亜鉛はこの酵素の働きを抑制する作用があります。

これは、薄毛、ハゲの原因となるジヒドロテストステロンの分泌を抑え、毛母細胞の働きを邪魔させないということです。

この二つの働きは薄毛、ハゲに悩む男性には欠かせないものです。

亜鉛がどれほど毛髪にとって大切かがわかりますよね?

薄毛に悩む人の一日の亜鉛摂取量

健康なカラダを保つために必要な亜鉛の一日の摂取目安量は、2.1㎎~15㎎です。

少々幅がありますが、日頃どの様な生活を送っているかで、亜鉛の消費量は人によって変わってきますので、ストレスや疲労が多い、激しいスポーツを定期的にするという人は多めでも良いでしょう。

また、薄毛やハゲに悩む人も少々多めに摂取したいところです。

ただ、亜鉛は摂り過ぎると頭痛や吐き気などが起こることもあるので、自分にあった量を調節しながら摂取すると良いです。

亜鉛はどうやって摂取するの?

亜鉛を食事などから一日15㎎摂取しようとすると、例えば鶏もも肉なら500g、チーズなら200gといったふうに、多めに取らなければなりません。

一度にと考えると多くなってしまうので、昼と夜に分けたり、亜鉛を含む様々な食品を幅広く食べるのも良いでしょう。

亜鉛は、鶏もも肉やチーズの他、牡蠣、牛肉、豚、鶏レバー、うなぎ、卵、大豆製品、そば、カシューナッツ、アーモンド、ゴマ、緑茶、抹茶などに多く含まれます。

特に珍しいものや高級な食品でなければ摂れないということがないので、毎日気軽に食事から摂ることができます。

ただ、アーモンドやカシューナッツは、いつでも食べれて、とても簡単に亜鉛を摂取できますが、取り過ぎはその油分のせいで皮脂の過剰分泌を起こしますので、注意が必要です。

サプリでも簡単に摂取できる

亜鉛を摂取できるサプリは多く販売されています。

食事だけではなかなか思うような量を摂取できないというのであれば、サプリで手軽に摂ってみるのも良いでしょう。

製品によては、5~7㎎程度しか配合されていないものもあれば、一日に必要な摂取量の15㎎配合というものや、それを少し上回る16㎎配合というものまであります。

薄毛ケアに十分な量が配合されているものかしっかり確認してから購入することをおすすめします。

亜鉛だけに偏ってもいけない

亜鉛は、薄毛、ハゲに悩む人には欠かせない栄養素です。

でも、亜鉛が髪の毛を生やしてくれるわけではりません。 

亜鉛だけが髪を元気にしてくれるわけでもありません。

亜鉛は、髪にとって必要な栄養素を吸収させるために重要なものです

そのため、元気な毛髪の主成分となるタンパク質やそのタンパク質を分解するビタミンB群、ほかミネラルなど多くの栄養素も必要になります。

バランスの良い食事に亜鉛を意識的にプラスすることで、薄毛やハゲに効果があらわれます。

まとめ

薄毛やハゲに欠かせない亜鉛は、健康的なカラダを保つためにも必要不可欠な栄養素です。

食事やサプリなどをうまく摂りいれてぜひ、しっかり摂取していきたいものです。

不健康とハゲは背中合わせでもありますから、薄毛ケアしながら健康管理もおこなっていきましょう。